IGEM:Kyoto/history

From OpenWetWare

(Difference between revisions)
Jump to: navigation, search
Line 1: Line 1:
{{:IGEM:Kyoto/header}}
{{:IGEM:Kyoto/header}}
-
<div>
+
<div class="project">
==2011==
==2011==
2011年度のテーマは「食虫大腸菌」。1,2回生を中心とする新チームで、栄養不足になると光を発して虫をおびき寄せ、捕えて、消化する、そんな「もっと生き物っぽい」新種の大腸菌の開発を目指しました。
2011年度のテーマは「食虫大腸菌」。1,2回生を中心とする新チームで、栄養不足になると光を発して虫をおびき寄せ、捕えて、消化する、そんな「もっと生き物っぽい」新種の大腸菌の開発を目指しました。
Line 10: Line 10:
-->
-->
</div>
</div>
-
<div>
+
<div class="project">
==2010==
==2010==
[[Image:KyotoMember2010-1.jpg|right|240px|2010年度メンバー1]]
[[Image:KyotoMember2010-1.jpg|right|240px|2010年度メンバー1]]
Line 17: Line 17:
*[http://2010.igem.org/Team:Kyoto 2010年度:The Fantastic Lysisbox]
*[http://2010.igem.org/Team:Kyoto 2010年度:The Fantastic Lysisbox]
</div>
</div>
-
<div>
+
<div class="project">
==2009==
==2009==
[[Image:KyotoMember2009.jpg|right|240px|2009年度メンバー]]
[[Image:KyotoMember2009.jpg|right|240px|2009年度メンバー]]
Line 23: Line 23:
*[http://2009.igem.org/Team:Kyoto 2009年度:Time Bomb/Cells in Cells]
*[http://2009.igem.org/Team:Kyoto 2009年度:Time Bomb/Cells in Cells]
</div>
</div>
-
<div>
+
<div class="project">
==2008==
==2008==
[[Image:KyotoMember2008.jpg|right|240px|2008年度メンバー]]
[[Image:KyotoMember2008.jpg|right|240px|2008年度メンバー]]
Line 30: Line 30:
*[http://2008.igem.org/Team:Kyoto 2008年度:Raise the Titanic!]
*[http://2008.igem.org/Team:Kyoto 2008年度:Raise the Titanic!]
</div>
</div>
 +
 +
<html>
 +
<style type="text/css">
 +
 +
</style>
 +
</html>
 +
----
----

Revision as of 02:27, 10 April 2012

Contents

2011

2011年度のテーマは「食虫大腸菌」。1,2回生を中心とする新チームで、栄養不足になると光を発して虫をおびき寄せ、捕えて、消化する、そんな「もっと生き物っぽい」新種の大腸菌の開発を目指しました。 今年初のアジア予選は惜しくも敗退、メダルは銀にとどまりました。 We'll back 2012!!

2010

2010年度メンバー1

2010年度のプロジェクトは"The Fantastic Lysisbox"です。バイオハザードの対策を考える中から細胞を溶かすことに注目しました。これはバイオハザードの防止だけでなく、製薬やさらに身近な例としてはバイオアロマなどにも応用できる優れたデバイスです。今年度の大会は11/5~11/8にかけて行われ、金賞を受賞しました。

2009

2009年度メンバー

「今年こそは」と意気込んだ2009年は、さらにユニークなプロジェクトを2つ(Time Bomb とCells in cells)立ち上げ、主に夏休みの期間を利用して遂行し、銀賞(silver award)を受賞しました。

2008

2008年度メンバー

iGEM Kyotoは2008年度に結成しました。メンバーは様々な専攻の学部学生を主体とし、加えて修士院生とアドバイザーから構成されています。 テーマ(Raise the Titanic!)の独創性は群を抜いていましたが、残念ながら入賞を逃しました。


Personal tools