IGEM:Chiba/2009/Miutes/2/Weekly

From OpenWetWare

Jump to: navigation, search

Contents

ppt

Image:Chiba 26aug09.ppt

議論した内容

ポジティブフィードバックについて

  • 時間が経つと、誤作動は確実。
  • LuxRが増えるポジティブフィードバックは?
  • T9002の再現を見せてポジティブフィードバックとの差を見る。or AHLの濃度をみる。
  • 同じ実験は3回行う。
  • GFPの合成関数を考える。縦×横=蛍光強度×GFP生産量

シンクロシステムについて

  • 増殖項が有るとダメ。暴走する。
  • 初期のオシレーターは1個体で作る。

Lasについて

  • 働くかどうか見ておくべき。
  • Relateve----何でやったのか?
  • Lasが見えないということはない。Lasの方がリーキーなだけ。
  • 常に光っている可能性もある。
  • 論文をみるだけでなくて、どうゆう実験をやったか知らないとはなしにならない。
  • 分解タグの位置はアクティベートに関与する。

直列型について

  • 初号機をRFP,弐号機をGFPにする。
  • RFP+GFP=黄色になる

個体培地でのデモンストレーション・拡散について

  • 拡散の仕方はかなり遅い。一日近くかかる。
  • 個体培地だとDNAの違いによるDelayなのか拡散によるDelayなのか分からない。
  • 描画装置としては使わない方が良い。花火を選ぶのか・時差を選ぶのか。
  • 段階毎にできる絵を描く。どこにおわる点を置くのか。

実験のタイムスケジュールについて

  • 2 week : Mutantパーツ作成・LasI-LasR起動実験
  • 1 week : 直列型回路作成

次のミーティング(9/1)までに議論すべきこと

  • Mutantの選別
  • デモンストレーションの方法
  • Timeスケジュール作成
  • 優先順位の作成
  • ほしいデーターをイメージしてくる
  • トランスファーカーブを作成する実験を一回やってくる。
  • 空間的なOverallの絵をつくるべき。
Personal tools